十一屋
STORY

お菓子物語

HOME | お菓子物語 | お米パイ 物語
お米パイ物語

お米パイ 物語

 
お米パイ開発担当者

平成11年11月、この年に縁を感じて十一屋は工場を七日町から蔵王松ヶ丘に移しました。
これにちなんで、新しいお菓子をと開発したのが「やまがたのお米パイ」です。原材料表示をご覧いただくと分かりますが、小麦粉・バター・もち米・砂糖・卵・塩といたってシンプルです。新工場スタートに当たっての菓子づくりへの思いを込めました。

 

山形産の「ヒメノモチ」をパフに加工してパイで渦巻き状に巻き込んでスライスして焼き上げました。焼くときに溶け出したバターをお米が吸ってより香ばしくなる効果もありました。山形はお米の県。豊かな稔りをもたらすように、恵みの雨を呼ぶ雷雲のシンボル、渦巻きの形です。

 
 
稲穂

お米パイ 物語

 
お米パイ物語
 

平成11年11月、この年に縁を感じて十一屋は工場を七日町から蔵王松が丘に移しました。
これに因んで、新しいお菓子をと開発したのが「やまがたのお米パイ」です。原材料表示をご覧いただくと分かりますが、小麦粉・バター・もち米・砂糖・卵・塩といたってシンプルです。新工場スタートに当たっての菓子づくりへの思いを込めました。

お米パイ開発担当者
 

山形産の「ヒメノモチ」をパフに加工してパイで渦巻き状に巻き込んでスライスして焼き上げました。焼くときに溶け出したバターをお米が吸ってより香ばしくなる効果がありました。山形はお米の県。豊かな稔りをもたらすように、恵みの雨を呼ぶ雷雲のシンボル、渦巻きの形です。

 

稲穂