十一屋
STORY

お菓子物語

HOME | お菓子物語 | シャインマスカット大福 物語
シャインマスカット大福物語

シャインマスカット大福 物語

 
シャインマスカット大福開発担当者

豊かな山形の果実を生かした和菓子を作りたいと考えておりました。ブドウも様々な品種が開発され、種がなくて皮ごと食べられる農林21号(シャインマスカットの登録番号)が広く栽培されるようになり、山形でもこれを高級ブドウとして力を入れていくなかで、当店でも応援の気持ちを込めて、大福に仕上げました。大粒で糖度17度以上のものを熱意のある農園さんから分けていただき、餡はできるだけブドウの香りを邪魔しないように心掛け、おもちも県産「ヒメノモチ」といたしました。

 

第1回やまがた土産菓子コンテスト最優秀賞

6次産業推進の補助を受けてデザインをリニューアルしたところ、これが思いがけず「山形県みやげ菓子コンクール」で県知事賞をいただきました。
「シャインマスカット」の命名者も山形の人というのもご縁を感じるところです。

 
シャインマスカット農園

シャインマスカット大福 物語

シャインマスカット大福物語
 

豊かな山形の果実を生かした和菓子を作りたいとずっと考えておりました。ブドウも様々な品種が開発され、農林21号が広く栽培されるようになり、山形でもこれを高級ブドウとして進めていくなかで、当店でも応援の気持ちを込めて、大福に仕上げました。大粒で糖度17度以上のものを数軒の農園さんから分けていただき、餡はできるだけブドウの香りを邪魔しないように心掛け、おもちも県産「ヒメノモチ」といたしました。

シャインマスカット大福開発担当者
 
第1回やまがた土産菓子コンテスト最優秀賞

これが思いがけず「山形県みやげ菓子コンクール」で県知事賞をいただきました。
「シャインマスカット」の命名者も山形の人というのもご縁を感じるところです。
 

シャインマスカット大福農園